About Us

獨協大学管弦楽団とは


獨協大学管弦楽団は、獨協大学学友会文化会に所属する公認団体です。1964年、大学創立の際に発足。初代常任指揮者として近衛秀健氏が就任。その後2003年より全常任指揮者である西脇秀治氏の指導の下、様々な演奏活動を展開。2017年より新たな指揮者を迎え、本格的な演奏を目指し日々の練習に励んでいます。年2回の定期演奏会や依頼演奏・式典演奏に加え、過去にはベルリン・フィルのメンバーとの共演等、ドイツと関わりのある当大学ならではのユニークなイベントもあり、他大学では経験できないような特徴ある活動に取り組んでいます。ドイツ語教育を主体とした大学のオーケストラとして、ドイツ語圏の作曲家の作品を中心に、ロシアをはじめ多くの国の演奏家の難易度の高い作品を積極的に取り上げ、他方面より高い評価を頂いています。

構成


獨協大学管弦楽団は現在、獨協大学生と他大学生から構成されています。当楽団では、団員を随時募集しています。詳しくは団員募集のページをご覧ください。

活動について


当楽団は通常、以下の時間に活動しています。

 

・水曜 15:30~18:00

・土曜 13:30~18:00

 

※年2回の定期演奏会(春・秋)の本番2ヵ月前から日曜練習(13:30~18:00)が隔週で加わります。

 

年2回の演奏会(通常5月、11月または12月の2回)に加え、卒入学式での演奏や雄飛祭(獨協大学の学園祭)、ミニコンサートなどのイベントに向けて日々活動しています。